鉄板ステーキ淀屋

高知生まれの南海の妖精

のれそれ


 

「のれそれ」(アナゴの稚魚)は梅の花が咲く時期になると、イワシシラスを漁獲する際に一緒に混じって姿を現します。早春の南国の代表の海の幸としても有名です。
淀屋では鮮度が命の「のれそれ」をご用意しております。独自の調合をした自家製ポン酢でお刺身でお召し上がりください。
気になる「のれそれ」の味は、つるんとした食感はまるで「ところてん」よう。淡泊でありながらわずかに甘みが感じられ、食べる人をやわらかな気持ちにさせてくれるような神秘に充ちた珍味といえるでしょう。
今だけの春の味を是非ご賞味ください。